腰痛

日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験しています。しかし多くの人々は腰痛を訴えているが、診断に異常が見られない患者は疾患として認められないこともあります。
多くの患者はそのまま放置されているのが実態です。

腰痛の原因は、腰部に負担のかかる動作による脊椎・腰椎・神経などの障害や、腫瘍などの慢性疾患からの症状、の2つとなります。

腰痛の対処法としては、最初に患部を冷やすことが肝心です。可能な限り早く冷やした方が治療効果も高く痛みも少ないです。

運動による腰痛予防法

筋肉が原因の腰痛に対しては、腰の筋肉である腹筋と背筋を鍛えることによって予防を見込むことができます。また長時間同じ姿勢で過ごす事の多い人は、運動や体操で腰痛予防を心掛けることが望ましいです。

<体の前屈>これは背筋とスネの裏側の筋肉のストレッチになります。膝は曲げないでするのがポイントです。

<背筋の訓練>両手で両膝を抱えて、できるだけ胸に引き付けます。無理のない範囲で行ってください。

<腹筋訓練>上半身を起こす運動です。腰痛のある人は頭を持ち上げるだけにしてください。

 
座りっぱなしが腰痛に悪い理由

長時間同一姿勢を続けていることで、血行が悪くなります。疲労物質が溜まって、筋肉が緊張するという悪循環ができてしまうからです。
また、椎間板に大きなストレスがかかることも原因です。椎間板というのは、背骨と背骨の間に入っているクッションのことです。ちなみに椎間板ヘルニアというのは、椎間板の一部が上下の過重に耐えられなくなり、横の隙間からはみ出てしまう状態をいいます。

 
Tanpopo Menu 受付時間
pagetop